ホーム > スポンサー広告 > 花オレガノ ネオンライト*ホーム > 草花 > 花オレガノ ネオンライト*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

花オレガノ ネオンライト*

台風2号で被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます。

大型台風と危惧されましたが、当地は幸い何事もなく済み
ホッとしています。
お昼前から、3日ぶりの青空が広がり久しぶりの日差し・・
お花たちも活き活きしていますね♪




110530a





110530b
花オレガノ(ネオンライト)を初めて育てています^^
ハーブのオレガノのようには生長してくれず・・
どうなっているの~~?状態、何だか徒長している気もするんですよ(^^?
花はこれからみたいなので気長に・・待ちますけど・・^^




110530c
パンダスミレが水分たっぷり補給して元気に咲いています♪







《メモ》

科名 シソ科(宿根草)

原産地 園芸種、ギリシャ

特徴 花オレガノ(鑑賞用のオレガノ・・鉢植え.ハンギング.ドライフラワー )
    この仲間はホップに似た「苞」が発達し,
白、緑、ピンクなどに色づく。
春から夏には苞に小さな花が咲く。葉は灰緑色。草丈10~15cm。

栽培ポイント
    高温多湿にやや弱い、鉢植えにして盛夏には風通しの良い半日陰に移動。
    多肥に弱く、特に窒素分が多いと枯れる。
    梅雨時期など株元の葉が落ちたり夏に伸びすぎたりした時は、
    土から2~3cm残して切り戻すと新しい芽が出る。

置き場所
    基本としては日当りで育てる。
    苞の色づきは日照に左右されるのでよく日のあたる場所。
    高温多湿にやや弱いので盛夏には風通しの良い半日陰へ移動。
    0℃以下になると地上部は枯れ、根株がロゼット化して越冬し
    春に新芽が出る。-10℃までは耐寒。

水やり
    土の表面が乾いたらたっぷりと水を与える。
    多湿には弱く乾燥には強め、極端に水をきらすと苞の色が悪くなるので
    特に夏は要注意。

肥料
    春と秋に緩行性の肥料。多肥に弱く、特に窒素分が多いと枯れる。

用土
    水はけの良い用土。

植え替え
    9月~10月頃。

増やし方
    株分け、さし木(さし木はよく発根する)適期は9月~10月。


[ 2011/05/30 13:51 ] 草花 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。